プロテインとHMBの違いは?HMBとプロテインの併用がオススメ

プロテインとHMBの違いは?HMBとプロテインの併用がオススメ

プロテインとHMBの違いは?
<p>HMBとプロテインは併用がオススメな理由


本格的に見せる筋肉を作るのであればプロテインは欠かせません。
ただ、最近ではプロテインに合わせてネットを中心にHMBが話題になってきました。HMBを使ったサプリメントはネットだけでなく、ドンキやマツモトキヨシでも販売されるようになってきましたからね。

 

ただ、HMBの広告を見ると「プロテインの20倍」「プロテインの次世代」といった広告があります。

 

  • プロテインとHMBは違うの?
  • HMBを飲めばプロテインを飲まなくて良いの?

 

HMBは近年注目されはじめた成分なので、まだ細かい効果が分かりません。

 

なので、ここではHMBとプロテインについていろいろな視点から調べました。

 

HMBを飲むならプロテインも合わせて飲むのがオススメ!お互いに効果は打ち消さない!

HMBを飲むならプロテインも合わせて飲むのがオススメ!
HMBを飲むならプロテインとHMBは合わせて飲むことをオススメします。

 

HMBの広告を見るとHMBを摂取しているのであればプロテインを飲まなくて良いような宣伝が多いので、「HMBを飲んでいるのであればプロテインは飲まなくて良いのでは?」と思ってしまいますよね。

 

しかし、筋トレをするのでHMBを飲むのであればプロテインも合わせて飲むことで良い効果が実感できると思います。

 

なぜなら、HMBとプロテインの根本的な働きが違うからです。

 

HMBとプロテインの働きの違い

HMB
  • 筋肉の生成を命令する
  • HMBに筋肉組織自体の成分は入っていない
プロテイン
  • タンパク質から筋肉を作る材料になる

HMBは筋肉の生成を命令する、いわば、体に対して筋肉を作る作用のスイッチのような役割があるんです。しかし、HMBが体に筋肉を作る命令をしても筋肉を作る元が無ければ筋肉はできません。

 

プロテインは英語で「タンパク質」という意味があり、プロテインには筋肉の材料になるタンパク質を手軽に摂取することができます。

 

しかし、プロテインだけを飲んでも体が筋肉を作るスイッチが入っていないのであれば一向に筋肉はできません。

 

プロテインで筋肉の元であるタンパク質を取る→HMBで体に筋肉を作るスイッチを入れる。

 

HMBを飲みながらプロテインを飲むことでこれからの筋トレがメジャーになるかもしれません。

HMBだけ飲むだけでは効果は実感できない?

HMBだけ飲むだけでは効果は実感できない?

筋肉をつけるには、

  • 習慣的な筋トレ
  • 筋肉に重要な栄養素をバランス良く摂取

の2つが重要です。

 

HMBは筋肉をつけるスイッチを入れるだけで筋肉になる栄養素は期待できません。

 

しかも、筋トレをしていないのであればなおさら効果を実感することは難しいと思います。

 

筋肉をつける方法
  1. 筋トレをして筋肉組織を壊す
  2. 壊れた筋肉組織が修正(超回復)する
  3. 以前より大きい筋肉になる

 

筋肉をつけるには筋トレをして筋肉の組織を痛めることは必須。

 

痛めた筋肉の組織が修正されることで以前より大きくて太い筋肉になることが筋肉をつける近道。

 

そして、筋肉の組織が修正される時にタンパク質など筋肉を作る元があるとより良い筋肉をつく効果が期待できるんです。

HMBはプロテインの20倍という根拠はロイシンのみのことを言っている

なぜ、HMBは「HMBだけ飲めばプロテインを飲まなくて良い」という誤解が広まってしまったのでしょうか?

 

おそらく誤解の原因はプロテインの20倍という表記だと思います。

 

HMBはプロテインの20倍の効果はありません。

 

具体的にHMBがプロテインに対して何に20倍と言っているのかというと、ロイシンに対してプロテインの20倍と言っているです。

 

ロイシンからHMBを効率良くとるのは難しい

 

ロイシンとはHMBの元になる成分。

 

そもそもHMBとはロイシンの代謝産物。

 

ロイシンが体内に入ることでHMBに変化します。しかし、ロイシンかたHMBを取るには大量のロイシンを取らないといけなくなります。

 

なぜなら、ロイシンが100%体内に入ったとすると、ロイシン100%に対してHMBは5%ほどしか取れないんです。

 

しかも、HMBの1日に必要とされている摂取量は1500mg~3000mb。

 

ロイシンからHMBが取れるのはロイシンに対して約5%なので、プロテインでHMBだけを取ろうと思うと20杯は飲まないといけないんです。

 

HMBはプロテインの20倍というのはロイシンに対して言っているだけで、タンパク質などについては行っていないんです。

 

なんども書いてしまいますが、筋肉を育てるのであればHMBだけを飲むだけではだめです!

 

HMBを飲み筋肉の元になるタンパク質が配合されているプロテインを飲むのが効果的なようか気がします!!

HMBとプロテインを飲むのが効果的な飲み方

HMBとプロテインは合わせて飲む!

HMBは新しくでてきた成分で、HMBの名前が有名になったのはネット広告から広まったので、HMB自体に疑問な人が多いのも事実。

 

しかし、HMBについて調べるとHMBを飲みながら筋トレをしたことで効果があったという報告もあります。

 

ネット広告のようにHMBを飲むだけで筋肉が付くことはありません。

 

そもそも、HMBに限らずいろいろなサプリメント(ロイシン、HMB、たんぱく質、プロテイン、クレアチン、BCAAなど)は飲むだけで筋肉が付くものはありません。

 

しかし、HMBにはたしかな効果があることは検証されています。

 

プロテインを飲むことで筋肉の元になるタンパク質を取り、HMBで筋肉を作るスイッチを入れる!

 

筋トレをしながらHMBとプロテインを飲むことで思うような筋肉を手に入れることが出来るハズです!

 

ぜひ試してみてください!